Home > コンピュータ > 大容量データを転送させるには

大容量データを転送させるには


Gigazineさんのエントリ。

この記事によると、もし1TBのデータを100Mbpsの通信回線で転送した場合、100Mbpsの回線は1時間ごとに45GB程度のデータを転送することができるそうです。もちろんこれは100Mbpsフルの速度が出た時の話。そして1TBのデータすべてを転送し終えるには、およそ丸一日かかるとのこと。

そしてこれを言い換えると、1TBを超えるデータを転送する場合、FedExなどの宅配サービスを利用した方が早く転送できるそうです。つまりデータが入ったHDDなどのストレージを宅配業者に預けて、相手に直接渡してもらった方が早いということ。

大容量のデータを効率よく転送する方法

大容量データを新幹線で運ぶかネットワークを介するか、どちらがメリットがあるのか…なんて議論や、身近ではクライアントさんに写真データを渡す/受け取りにはどのルートが一番早いのかとか散々話し合われてきた話題ではあるが、これを見て久々に思い出したことがある。

新しい転送方法

それは、ADSLよりも高速で、低電力化でも安定する新しい転送プロトコル。イスラエルのハッカーグループが開発したもので、もう1年以上前の話。

動作デモの写真はこちら。発想が素晴らしすぎてツッコミできない。

それにしても…でかい。ちょっと良いかもって思ってしまった僕はダメかもしれない。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.tofu-kun.org/mt-tb.cgi/323
Listed below are links to weblogs that reference
大容量データを転送させるには from Webプログラマー+WebデザイナーなZARU日記

Home > コンピュータ > 大容量データを転送させるには

Profile

zaru

Name : zaru

Webプログラマ+Webデザイナで、Webディレクタやってます。Twitterやっているので、ぜひフォローしてやってくださいませ。Twitter - zaru。また、そのほかのプロフィールについては、iddy - zaruを見てください。

Search
Feeds
Others

Return to page top