Home > Linux Archive

Linux Archive

ParallelsにCentOS5をインストールしてみる

CentOS + Parallelsのスクリーンキャプチャ

Macでのローカル開発サーバを構築したいなーと思って、MacPortsを使ってMac内に構築するか、Parallelsを使って仮想OSとして構築するか迷った結果、Mac自身のエラーに悩むことになりそうだったので(悩まなかったかもしれないですが)Parallelsを使うことにしました。

基本的にインストール自体は問題はなかったです。ただ、ネットワークインストールを試みようとしたらサーバに接続する途中でエラーで落ちてしまったので、DVDのisoファイルを落っことしてきてインストールしました。

その他の注意点は続きを読むで。

Continue reading

FreeBSDのソースの中に書かれているローエンドNICについて

  • Posted by: zaru
  • 2007年5月23日 20:54
  • Linux

404 Blog Not Foundさんのエントリ「今でも*NIXは初心者のような気がする」をふんふんと面白く読んでいたら、気になったことが書いてあった。

Ethernet Controller は自分でチップセットを確認してカーネルモジュールの設定を行うもの。動かない場合も多いが、RealTek(通称カニ)なら安心。LAN カードを買うときは カニを確認しろとの格言(?)が。

余談ですが、*BSDの100Base-TXな世界では、カニは蛇蝎のごとく嫌われていました。理由はsourceの中に。

今でも*NIXは初心者のような気がする:404 Blog Not Found

どんな理由?!

数年前、初めてLinuxを自作PCで動かすときにNICを認識してくれず、蟹チップなら認識できるよ!って聞いて、試してみたら一発で認識。それ依頼、蟹チップは安くて性能はよくないけど認識率No1!みたいに思っていた。

なので、FreeBSDで蟹チップが嫌われているというのが非常に意外。調べてみた。

Continue reading

パスワード入力なしで sudo コマンドを実行する方法

以下の方法は、サーバの運用方法とセキュリティを考慮して参考程度に。

一般ユーザが root(または別のユーザ) の権限を使ってコマンドを実行することができる sudo コマンドは、通常その対象ユーザのパスワードの入力を求められるが、PHPやPerlスクリプトなどで sudo を使いたい場合などはパスワードを知っていても入力できず実行ができない(対話式のため)。

Continue reading

サーバのCPU温度などを手軽に調べる方法(Linux)

  • Posted by: zaru
  • 2007年3月18日 14:31
  • Linux

favicon SUSE Linuxで動かしている社内テストサーバにfavicon puttyでログインし、アクセスログの統計データを生成していたら妙なメッセージが表示された。

ログインしていて表示されたメッセージ

kernel: CPU#0 Temperature above threshold
kernel: CPU#0 Running modulated clock mode

こんな感じのメッセージ。いったい何事?!と思って調べてみたら、どうもCPUの温度が高すぎるからどうにかしろよ!といった意味らしい。アクセスログの統計データを生成するスクリプトを走らせたらCPU使用率100%の状態が2~3分続き、熱くなりすぎたのが原因か。

それにしてもたったそれだけで熱くなりすぎるって今何度?と疑問に思いCPUの温度を調べてみることにした。

lm_sensorsを利用する

lm_sensorsを使えばマザーボードチップの温度やCPU温度・ファンの回転スピードが計測できる。CPUファンの回転数や温度、電圧などを監視したい~Lm_sensor~を参考に入れようかと思ったが、記事が古いのとちょっと面倒っぽかったので、SUSEのパッケージでないかなーと検索。

SUSEだとlm_sensorsじゃなくてsensorsという名前ですでに入っているとのこと。さっそくインストール。

  1. sensors-detect コマンド実行。対話式で、基本YESと答える
  2. sensorsの起動スクリプトを生成
    # cp /usr/share/doc/packages/sensors/prog/init/lm_sensors.init  /etc/init.d/lm_sensors
    # chmod 755 /etc/init.d/lm_sensors
    # chkconfig lm_sensors on
  3. サーバを再起動
  4. sensors コマンド実行で各種データが表示される

と非常に簡単。

sensors の結果。

まずなんにもしていない通常時。

通常時のCPU温度

なんにもしていないのに64.5度というのも高い気がする…。

今度は、先ほどのスクリプトを走らせてCPU使用率を100%にして計測してみる。

走らせた直後のCPU温度

CPU100%になってから数秒後。すぐに78.5度に上昇。この後もぐんぐん昇る。

本日最高CPU温度

本日最高CPU温度:82.0度

とりあえず応急処置として、余っていたファンをケースに2個取り付け排気をガンガンかけることに。これで急激に温度が上がることはなくなったけど、CPU自体は熱いまま。今度CPUクーラーを新調しようかな…。

Virtual PC 2007でUbuntuを入れてみた

ubuntu ロゴ

Virtual PC 2007日本語版が正式リリースされたので、さっそくダウンロード&インストールしてみた。これがあれば、Vistaに移行しても、XPや2000の環境を維持できるので安心。

だけど、その前にどんなものか試してみることに。ライセンスが空いているWindowsがなかったので、今はやりのLinuxOS ubuntuを入れてみることに。

Continue reading

Index of all entries

Home > Linux Archive

Profile

zaru

Name : zaru

Webプログラマ+Webデザイナで、Webディレクタやってます。Twitterやっているので、ぜひフォローしてやってくださいませ。Twitter - zaru。また、そのほかのプロフィールについては、iddy - zaruを見てください。

Search
Feeds
Others

Return to page top